食育

いよいよ自園調理給食が始まります

ひがし幼稚園では約30年前から週3日の給食を取り入れてきましたが、宅配型のお弁当給食でした。創立50周年を迎えたことを機会にこの度、園管理の厨房環境を整え、個々の食べる量に合わせた温かな料理を提供することになります。レトルトや冷凍食品ではなく国産にこだわり、顔の見えた産地からの安全食材を昆布や椎茸などの天然出汁で調理します。園の教育方針と企業精神が合致した株式会社ミールケアとの協力体制のもと実現しました。園児が農作業に関わっているひがし幼稚園農園で収穫した作物もふんだんに取り入れることにより、その実体験から真の食育を目指します。

園生活における食も教育の一環としてとらえ、食事のマナーや食べ物を見極める力をも養うと同時に食に感謝する心を育てます。

(ミールケアによる自園調理給食は平成30年度より導入予定)